ランドセル

ランドセル選びを始める親御さんへ!

毎年ラン活が激化していますが、周囲の状況に流されるのは禁物です。
ラン活の基本は、自分のお子さんと親御さんでの共同作業です。
当サイトでは、ランドセル選びが親子の楽しい思い出になるように、失敗しないランドセル選びの方法を紹介しています。
ラン活の参考にして、新入学をお迎え下さい!

 

 

アンケート結果について>>ランドセル購入者アンケート

 

先輩ママがランドセル選びで重要視したポイントとは?

先輩ママたちが、ランドセル選びで重要視したポイントのTOP3は下記になります。

 

アンケート_ランドセル選びで重要視したポイント

 

  1. カラー(68.5%)
  2. デザイン(55.0%)
  3. 価格(45.0%)

 

 

【解説】
親御さんもお子さんも気になるランドセル選びで気になる要素は、やはり【外見】です。

 

カラー&デザインについて

ランドセルを選ぶ際に重要したポイントで、「カラー」と「デザイン」が上位にランクインしています。

 

1位のカラーにいたっては、約7割近い親御さんがカラーを重要視して選んでいる結果となりました。

 

やはりパッと目に入るカラーやデザインは、「どのランドセルがいいか」を決める大きなポイントとなっているようです。

 

 

カラー&デザインに次いで重要視されているのも、【価格】です。

 

価格について

アンケート結果では「3位:45%」という結果になりましたが、本来はもっと高い割合であることが予測されます。

 

これは祖父母にプレゼントで購入してもらったケースも多いため、その場合はあまり価格を気にしない傾向にあるからです。

 

ご自身の家計から購入された場合は、「価格」はかなり重要視するポイントとなっています。

 

 

多くの親御さんたちが機能面での違いよりも、カラーや価格といった「分かりやすい違い」で選んでいる傾向にあります。

 

このアンケート結果は、ランドセル工業会が行ったアンケート調査とも同じ傾向にあります。

 

購入した商品の決定理由 (上位10項目、複数回答)

ランドセル工業会のアンケート結果
ランドセル購入に関する調査(2018年4月)より

 

アンケート結果では、「1位:色/2位:デザイン」となっており、価格は6位となっています。

 

やはりここでもカラー&デザインが重要視されていることが分かりますね。

 

多くの親御さんが「カラー&デザイン」を重要なポイントとして選ばれています。

 

ということは、「カラー&デザインが豊富なランドセルブランド」を選ばないとランドセル選びに時間が掛かってしまいます。

 

ランドセル業界でカラーやデザインが豊富なランドセルブランドといえば、

 

  • フィットちゃんランドセル
  • イオンランドセル
  • 天使のはね

 

となります。

 

フィットちゃんランドセル

シリーズ×カラー×サイズで137種類から選べる
詳細はコチラ>>フィットちゃんランドセル

 

イオンランドセル

約240種類の豊富な品揃え
詳細はコチラ>>イオンランドセル

 

天使のはね

31モデル&110種類のカラーから選べる
詳細はコチラから>>【天使のはね】セイバン

購入時期について

ランドセルを購入する時期については、年長の夏休み期間が一番多い結果となりました。

 

ランドセル購入時期について

 

  1. 幼稚園の年長(7月〜9月):38.0%
  2. 幼稚園の年長(10月〜12月):21.0%
  3. 幼稚園の年長(1月〜3月):19.5%
  4. 幼稚園の年長(4月〜6月):19.0%
  5. 幼稚園の年中(1月〜3月):2.5%

 

夏休みのお盆期間中がもっともピークとなり、実家への帰省時に祖父母からプレゼントされるケースが多いようです。

 

ここ数年はラン活が早期化していて、夏休み前でも19%の親御さんがランドセルを購入しています。

 

ランドセルを早く購入することには、メリットとデメリットがあります。

 

早く購入するメリット
  • 豊富な種類から選べる
  • 早期割引・早期特典の付与
  • 納期に余裕がある

 

早く購入するデメリット
  • 子供が心変わりするかもしれない

 

デメリットは、購入予約をしてから子供が心変わりして、違うランドセルを欲しいと言い出すことです。

 

これは最初に「予約したらキャンセルできないから、後で違うのを選ぶことはできないよ」と、お子さんに説明して釘をさしておけば大丈夫ですけどね。

 

デメリットよりもメリットの方が大きいので、早めに購入する人が多い傾向にあります。

 

ランドセル選びのスタートは、遅くても年長に上がる前後の春先から始めておきたいところです。

 

早期割引や早期特典などのメリットを最大限お得に利用するためにも、「早過ぎるかも?」と思わずにラン活をスタートしましょう。

 

 

更新履歴
page top